不動産屋の窓口業務の仕事内容です

不動産屋の窓口業務の仕事内容ですが、特に求められるスキルは、接客の経験よりもパソコンのキーボードを見ずに早く打てる事でしょう。
タイピングが出来るスキルを求めてくる会社が多いでしょう。
何の為に必要なのかと言いますと、窓口ですので、来客者様からの物件の希望条件などを聞いて、それに見合う物件があるか無いか見てお答えする流れになってきますので、お客様と話している間にお客様の顔を見て相談を受けながら手元では、検索していないといけないスピードを求められますので、タイピングが出来ないと難しいでしょう。
不動産の仕事の中の電話での物件情報を伝える際も、電話口で聞きながらの検索になりますので、打つスピードが絶対条件になってきますので、求人票にも記載されている会社がほとんどになってくるでしょう。
事務職・接客業の経験が必要と言う会社もありますので、求人表の必要な学歴・資格・経験の欄を見てみましょう。
賃貸物件を直接見に行って詳細をお客様に伝える事も仕事ですので、各物件の特徴を勉強するのも仕事になるでしょう。